スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酒飲みの読書『香水』

ちょっと前に読んだ本

ピカレスクロマンとして、ビルドゥングスロマンとして楽しめる小説(人によっては気分の悪くなる描写はあるかも)。
酒飲みとしては香料を抽出する描写が興味深かった。
焼酎など、蒸留酒の蒸留過程もこんな感じなのかと思わせる。お薦め。

スポンサーサイト

家内製手工業

楽天のデータもショップの人の手入力なので多少の間違いは覚悟していた。
しかし、現実は常に予想の上を行く。
多い間違い、
(1) 種別が違う(「百年の孤独」が芋焼酎に分類されていたり)。
(2) 蔵元が違う(「明るい農村 by 霧島町蒸留所」のデータが霧島酒造になっていたり)。
(3) 銘柄名が違う(「金峰櫻井」が「金峰桜井」になっていたり)。
(4) 本格焼酎以外がデータに(甲種焼酎やリキュール・日本酒等)。
等々。
結局不自然なデータ(10件中9件が麦焼酎になっているのに1件だけ芋焼酎になっている等)を見つけたら、人間が調べるしかないのでした(同じ銘柄名で芋と麦が出ているケースもあるので機械的に修正はできない)。


きっかけは・・

なぜ、本格焼酎の検索サイトを作ることになったのだろう。
先ず、とあるプログラムコンテストに事情があって参加することになったのが最初の一歩。
コンテストは主催者が提供する各種データや部品を使ってサイトを構築するというもの。
どんなサイトを作るか提供データの一覧を見ながらしばし考える。
一覧の中に「楽天市場」の商品データを発見。これは使えそうだと思った。

本格焼酎のデータベースはネット上にいくつかあるけれど、ほとんどは個人もしくは有志の方々による手入力で作成されているので、データ量的に物足りないところがある。
楽天のデータを利用すれば、ほとんど手作業無しでデータベースを構築できるはず。
それが茨の道になるとは、その時は知る由もなかった・・。

管理人日報 - 序

なぜか本格焼酎の検索サイトを作ることになったのが昨年の秋。
サイトを公開して既に3ヶ月以上。
当初と比べるとデータもだいぶまともになった(つもりだけれど・・・)。
これからのサイトの運営はどうしようかなぁ、と思いつつ、とりあえず管理日報をつけようと思い立つ年の初め。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。