スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


P箱

最近の焼酎購入はネット通販がほとんどで、基本一升瓶まとめ買い。
一升瓶で注文すると、P箱(6本入るプラスチックケースやつ)で送られてくることがある。
自分が住んでいるところでは、ゴミに出せないのでP箱の処分が面倒。
酒屋に持って行けば引きとってくれるところもあるみたいだけれど、その店で買っていないので頼みにくいし、九州P箱(九州内流通限定のP箱)だと無理。
通販の発送はダンボール箱でお願いします。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

日南娘

「日南娘」。好きな焼酎です。ネットではプレ値が付いている店が多いのですが、近所に定価で買える店があって助かっています。
よく見るのは25度のものなのですが、そのお店は20度のものも置いています。
宮崎では20度が普通らしいので地元用のバージョンなのでしょう。
試しに買ってみたのですが、ロックや生で飲むのには20度くらいで丁度いいかも。

で、素朴な疑問。「日南娘」の25度の小瓶は4号瓶。20度の小瓶は5号瓶。原酒の含有量は同じはず。なのに25度の4号瓶の方が高いのは何故?
やはり20度は地元の人用で地元の人用の値段ということか。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ


最近飲んだ買った焼酎

最近飲んだ焼酎と買った焼酎
最近買った焼酎
左から
「池の鶴」
「六代目百合」
「黒倉岳」
「日南娘」
「六代目百合」は芋の香りが好きな焼酎。あっという間に空になりました。
「黒倉岳」は新製品。最近のお気に入りの「倉岳」の黒麹版。「倉岳」の方が好きかも。でも、すぐ空になりました。
「池の鶴」は昨日購入。
好きな銘柄「日南娘」を買いに行った店にありました。飲んだことが無かったので即購入。
今飲んでます。旨い。ロックでは同じ蔵の「神座」に近い印象。お湯割りがいいかな。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ


赤い焼酎

西酒造の新銘柄「紅薩摩宝山」が売られていました。
原料芋は同蔵の「蒸撰綾紫」と同じ綾紫。「蒸撰綾紫」の赤ワインぽい香りは好きなので「紅薩摩宝山」にも期待。

「赤霧島」がヒットしたからなのか、赤芋や紫芋を使って「赤XX」「紅XX」と名乗る焼酎が増えた気がする。
ま、旨ければいいんだけれどね。
そのうち「赤兎馬」も「兎馬」って焼酎の赤芋版だと思う人が出てきそう。
(「赤兎馬」の原料は黄金千貫。綾紫を使った「紫の赤兎馬」という銘柄もあります)

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ


今飲んでいる焼酎達

20090605.jpg
左から「倉岳」「燃ゆる想ひ」「黄麹蔵」
その他に、麦焼酎の「ちくご胡坐」を飲んでます。
「倉岳」と「燃ゆる想ひ」は最近の購入。芋の香りが強くていい。
「黄麹蔵」はロックで飲む時の定番。常備しています。
ちょっと前のエントリーで一升2000円弱の焼酎を飲み比べたのですが、可も無く不可も無いという結果。
そこに「倉岳」。
米焼酎の本場、熊本の蔵の焼酎ということで芋焼酎は期待していなかったのですが、旨い!しかも安い!
いい酒に出会えました。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ


新銘柄紹介その3

最近DBに登録した焼酎の紹介、さらに続き。

「挽回黒」
「挽回赤」
「挽回紫」
芋焼酎。それぞれ蔵元が違います。
黒が熊本の深野酒造本店、芋は黄金千貫と金時のブレンド。
赤が宮崎の井上酒造で、芋は紅東。
紫は宮崎の櫻の郷醸造、芋は種子島紫。

Sho-Chu AUTHORITYの川崎店で棚を見ていると、「挽回赤」が目に入った。
芋焼酎なら、すでにDBに登録されている銘柄かどうか大体わかる(ちょっと病気かも)。
帰って調べて見ると、やはり最近発売された銘柄らしい。
今の所、楽天で扱っている店が無いので情報を掴めていなかった。
(楽天のデータをチェックして新銘柄を見つけることが多い)
しかし、Sho-Chu AUTHORITYの楽天店舗でも扱っていないのは何故だろう?

「梛の葉」
「なぎのは」と読みます。
祁答院蒸溜所さんの麦焼酎。
この蔵で初めての麦焼酎かな?

「くろ銀滴」
王手門酒造さんの芋焼酎。
来月発売だそうです。
「銀滴」も「しろ銀滴」「あか銀滴」に続く色シリーズ?
芋が違ったり麹が違ったりします。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ


新銘柄紹介その2

最近登録した焼酎を紹介の続編。

「DEN-ENヴァイオリンボトル」
田苑酒造さんのコーンを原料にした焼酎。
驚くべきは、その価格。なんと10万円!
詳細は蔵元のページで。
定価でこの値段は初めて見た。誰が買うんだろう?

「麦香大海」
大海酒造さんの麦焼酎。
今年限りの限定発売だそうです。

「芋全」
本坊酒造さんの芋焼酎。
その名の通り、芋麹を使って芋だけで造られています。
芋麹の焼酎は好きなので飲んでみたい。

「紫煌」
堤酒造さんの芋焼酎。
セブン-イレブンネットだけの限定発売ということだが、スペックを見ると同蔵の「むらさきいも」とそっくり。
PBなのかなぁ。価格は「むらさきいも」のが安いけれど・・。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ


お手ごろ価格の焼酎

家飲みが多く飲む量も多いので焼酎は一升瓶で買うのがほとんど。
それでも、酒代は結構かかる。
そこで、しばらく安くて旨い焼酎を探すことに。
基準は一升で2000円以下。

とりあえず、買ったのがこれ。
レギュラー焼酎
左から、
「神之川」(神川酒造)
「西海の薫」(原口酒造)
「旨香薩摩若潮」(若潮酒造)
「わか松」(若松酒造)。

昨晩「わか松」を飲んでみた。普通に旨い。ロックより、お湯割りの方がいい。
この価格帯の焼酎、お湯割りに合うのが多いのかな。
これからの季節を考えるとロックで旨いのを見つけたいものだが・・。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ


新銘柄紹介その1

焼酎DBの登録銘柄数、1月の時点で3600件。今数えると4600件に増えています。
栗焼酎等の変わった原料を使った焼酎を登録したり、見落としていた焼酎を登録した分もあるけれど、新銘柄もたくさん出ています。

ということで、最近登録した焼酎をいくつか紹介。

まずは、「わっぜ」
白金酒造さんの芋焼酎。

続いて、「山猪」
すき酒造さんの芋焼酎。
原料の芋は「山ねこ」と同じジョイホワイトだけれど無濾過なので荒々しいのでしょうか?
たしかに「猪」の方が「ねこ」より荒々しいイメージですが。

「トヨノカゼ」
藤居醸造さんの麦焼酎。
トヨノカゼという品種の麦を使っているそうです。

「夢のつづき」
神酒造さんの芋焼酎。原料芋が横浜の都筑区産なので、この名前に。
自分は横浜住民なのですが市内で芋畑は見たことないなぁ。

まだまだあるので、またいずれ。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ


春薩摩旬あがり

「伊佐美」とセットで来た「春薩摩旬あがり」、DBの大口酒造に未登録。
登録しようとすると山元酒造で登録済み??
「春薩摩旬あがり」は銘柄名でなくシリーズ名だったらしい。
夏のシリーズ「薩摩ロック」、冬のシリーズ「旨香薩摩」は知っていたけれど、これは春用?秋のシリーズもあるのかなぁ。
とりあえず、
山元酒造のは「春薩摩旬あがり蔵の神」に修正。
大口酒造のは「春薩摩旬あがり黒伊佐錦」で登録。
以上、DBメンテ終了。

飲んだ感想。
普通の「黒伊佐錦」を飲んだのがだいぶ前だけれど、あっさりした印象。
「春薩摩旬あがり黒伊佐錦」は芋の味がして好みです。
通年販売されればレギュラー酒になれそうだけれど季節限定と言われてもなぁ。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ人気ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。